RSS Feed

翻訳ビジネスをしてみませんか

翻訳ビジネスをしてみませんか。
自分の得意分野を生かしてみませんか。
たとえば翻訳なら自宅にいて好きな時間に仕事をすることができます。
翻訳会社に登録しておけば、仕事を依頼されるので得意分野を伝えておけば依頼してくれるはずです。
もちろん好きなだけでは仕事はできません。
登録して仕事を依頼されるためには、それなりのバックグラウンドが必要になります。
海外の大学を卒業しているとか、翻訳の専門学校を卒業していて経験があるとか何か特徴を持っていなければなりません。
ただ英語ができるだけの人はたくさんいますのでその中でも突出した才能を客観的に証明する必要があります。
仕事を依頼された場合でも、下調べや知識に関しては自分で検証しなければならないので、翻訳した文章が第三者にわかりやすいものであるかどうかや言葉の使い方が間違っていないかどうかなど、特に専門分野の場合は専門用語を理解して正しく使用しているかどうかまで事細かく問題になってきます。
経験を積まなければわからない分野ではありますが、正確であることが必要となるので依頼する側も評価が厳しくなるところですので注意しなければなりません。
そしてどんな仕事でも当然のことながら納期をしっかり守らなければなりません。
翻訳の場合は、翻訳だけで終わらずに出版や学会などほかに必要があることが多いので、ますます納期が重要になってきます。
研究発表や特許などの場合は、一刻を争ったり、時期によって成果がまったく違ってくることもあるので、納期を念頭に置いて仕事をしなければなりません。
これも翻訳だけには限りませんが、興味のある分野や専門分野の知識だけでなく、ニーズにはなくても他の知識も合わせてブラッシュアップしておかなければなりません。
言葉は時代とともに変化するものだからです。
様々な制約がありますが、自宅できちんと仕事ができ、コンスタントに依頼があるビジネスとして翻訳は魅力的なものです。